埼玉県さいたまのオール電化ならライファ上福岡へご相談ください。
HOME>よくある質問

よくある質問

電気式の床暖房は光熱費が高くなるのですか?
 
電気式床暖房のうち、温水式は光熱費が安くなります。温水床暖房の場合、空気中の熱を上手に利用するヒートポンプ技術を利用してお湯を沸かすので、消費電力は約1/3になります。また、メンテナンスも不要なため、長い目で見てもメリットがあります。
電気式の床暖房は暖まりにくいのですか?
 
電気式の床暖房には、エアコンと床暖房を組み合わせて運転させるタイプがあります。
最初はエアコンがスピーディーに部屋を暖め、その間に床を温めることができるため、 暖房に即効性があります。さらに、暖房費の節約にもつながること、また、夏は冷房も可能となるため室外機は床暖房と合わせて一台ですむこともメリットになります。

床暖房を設置するか迷っているのですが。
 
頭寒足熱の理想的な暖房環境を考えるなら、床暖房がお勧めですが、経済性を重視するなら最新式のエアコンがお勧めです。
床暖房は、室内の空気を巻き上げることなく、輻射熱でやわらかくお部屋を暖めます。どれだけ有効に暖房の熱を床上へ伝えるかが、暖房費を抑えるための大切なポイントとなります。
最新式のエアコンは導入費も安く、暖房費もかなり抑えられます。暖房能力もパワフルなので、高気密高断熱住宅なら、少ない熱で快適にお部屋が暖まります。

IHクッキングヒーターで使える鍋はどのようなものですか?
 
SGマークのあるものやメーカー推奨の鍋をお勧めします。また、IHクッキングヒーターについている、ラジエントヒーター(3口目の奥のヒーター)なら、現在お手持ちの鍋のほとんどがご使用いただけます。
IHクッキングヒーターの光熱費は月々どのくらいですか?
日本電機工業会公表値によると、月平均1,100円程度、1日約37円です。
IHクッキングヒーターは安全ですか?
 
IHクッキングヒーターは「火」を使わないため、着火の心配はありません。
また、トッププレートは鍋からの熱で調理後に熱くなることもありますが、「高温注意ランプ」等、目に見える形で注意喚起されています。ただし、取扱説明書等に記載の「誤ったご使用方法」をされると危険な場合がございますので、十分にご注意ください。

エコキュートの導入に補助金は出ますか?
 
国から補助金交付対象として認定されています。 初期費用負担を軽減できるうえ、月々の大きな光熱費メリットがあることから、 導入時の差額分も早期回収が期待できます。
また、火を使わないため劣化が少なく長持ちすることから、トータルコストでもメリットが生まれやすくなります。

エコキュートの設置工事はどれくらい時間がかかりますか?
 
エコキュートの設置工事は、事前に基礎工事を行った後、据付工事を行います。この据付工事は試運転も含めて5~6時間で完了します。
エコキュートはどれぐらいの設置スペースが必要ですか?
 
電気温水器には、さまざまなタンク容量があるので、ご家族の人数に合わせてお選びください。目安として、1~2人なら150~200L、2~3人なら300L、3~4人なら370L、4人以上で460~560Lとなります。
オール電化にするための初期費用は高いですか?
 
たしかに、機器の価格としては初期費用は高いと感じる人も多いでしょう。しかし、オール電化機器は火を使わない分劣化が少なく長持ちするので、トータルコストとしてはメリットを感じやすくなります。さらに、月々の光熱費が安くなることや、キッチンの油汚れが減少するためにリフォームのスパンが長くなることなどを考え合わせると、オール電化は長期的に見て経済的であるといえます。
オール電化にした場合、停電時はどうなりますか?
 
停電時には全て使用できなくなります。ただし、他の熱源機器も制御用に電気を利用するものが増えているため、特にオール電化だから他の場合に比べて困るということはありません。
ちなみに、年間停電時間は平均で約3分間程度と、海外に較べても、かなり短くなっており、過去の震災でもライフラインの中で、電気が早く復旧しています。
また、エコキュートや電気温水器などは、貯湯式の給湯機のため、万一の際は、非常用水としてもご利用いただけます。

安くなる電気の契約はどのようなものですか?
 
「電化上手」は、エコキュート、電気温水器などの夜間蓄熱式機器をご利用のお客さまにご利用いただけるメニューで、電力料金単価を2つの季節と3つの時間帯に分けて設定しており、昼時間に比べ、夜間時間は電気料金が約1/3になるというプランです。給湯は、家庭の全消費エネルギーの割合が約1/3ともいわれているため、非常に大きな効果が期待できます。また例えば、全自動洗濯乾燥機や食器洗い乾燥機、浴室暖房乾燥機などを、タイマーを上手に利用して夜間電力を使えば光熱費は約1/3になります。
なお、オール電化住宅では電力量料金の5%が割引になります。

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。